化粧品会社薬剤師求人ランキング

化粧品薬剤師求人TOP >> 化粧品会社薬剤師転職のFAQ >> 化粧品会社の薬剤師の仕事内容は?

化粧品会社の薬剤師の仕事内容は?

薬剤師の資格を活かして活動できる場には、化粧品会社も一つの候補として挙げられます。一般的に薬剤師は、薬を調合するのが仕事であったり患者様に適切な薬の情報を提供するのが主な業務となっていますよね。もちろん、薬剤師の資格を持っている多くの方は調剤薬局やドラッグストアなどに勤務されていますから、上記に挙げたことを大半の方が毎日業務として行っているのが現状です。

ですが、化粧品会社ともなればお客様が来るわけではないので、薬を調合するということはまずありません。一口に化粧品会社といっても、薬剤師の資格があっても仕事内容というものは変わってきますが、一般的な例を挙げると、製造している化粧品の成分を研究する、開発した化粧品が人体にどういった影響を及ぼす可能性があるのか、安全に使えるのか、副作用があるのであればどういった可能性が考えられるかなどを業務としているところもあります。

また、新しく開発する化粧品の企画や開発を薬剤師の方も携わっていたりすることも多いため、薬剤師の仕事内容は多岐にわたると言っても過言ではないでしょう。もちろん、化粧品の品質管理業務も行ったり、商品を世に売り出すために法律に基づいて薬事申請などを行っていくこともあります。

中には、薬剤師と看護師が連携を取りながら、これから売り出す商品に対して、事前にモニターの方に使用してもらい、使用してもらったことでどういった結果が生まれたのか、問題となっている点や改善点、工夫しなくてはいけない点など、成分の内容を変更する必要性があるような重要な任務を任されることもあります。

新しい化粧品を開発する上で必要である、「成分の安全性」「成分を調査する」といったものが薬剤師の知識を活かすことができる仕事内容となるでしょう。薬剤師の方以外にも、先ほども登場した看護師の方を始め、様々な方が商品の開発を手掛けています。数名でチームを作り業務を行っていくことも多いですから、薬剤師の資格に全く関係のない雑務を行うことも珍しい事ではありません。

専門的な知識を持っているからこそ重宝される人材となるのが薬剤師という立場ですが、化粧品会社とすれば売上を伸ばし利益をアップさせられる商品を求めているわけですから、幅広い分野において勉強をすることが苦にならないような方に適している職種かもしれません。

一般的な薬剤師の仕事内容とは全く違うのが化粧品会社の仕事です。もちろん経験があるに越したことはありませんが、化粧品会社に勤めたことがない方でも、企業側が求めている人材であるとみなされれば採用される可能性は十分にあります。

化粧品会社の薬剤師求人に強い!転職サイトランキング!

  サービス名 利用料金 転職可能エリア 運営会社 詳細
リクナビ薬剤師 無料 全国 株式会社リクルートドクターズキャリア 詳細




Copyright (C) 2013-2018 化粧品会社薬剤師求人ランキング All Rights Reserved.